PostgreSQL/解析/バックグラウンドワーカプロセス のバックアップ(No.1)


PostgreSQL/開発

バックグラウンドワーカ

PostgreSQLでは、クライアントコネクション接続を処理するバックエンドプロセスとは異なるプロセスを実行することができる。このバックグラウンドワーカプロセスは、postmasterプロセスによって起動(fork)され、ワーカプロセスの状態はpostmasterの起動・停止・監視とリンクしている。このバックグラウンドワーカの仕組みは、パラレルワーカでも使われており、バックエンドプロセスから動的にバックグラウンドワーカプロセスを起動することもできるようになっている。

バックグラウンドワーカは、バージョン9.3から機能追加されている。
9.4からは動的にバックグラウンドワーカを起動できるように拡張されている。

参考リンク


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
目次
TOP | 閉じる | ダブルクリックで閉じる