OpenXPKI

Realmの追加

レルムの追加は以下で可能。

/etc/openxpki/config.d/system/realms.yaml

ファイル内部は以下のようになっている。

democa:
    label: Example.org Demo CA
    baseurl: https://pki.example.com/openxpki/

書式は以下のようになっている。

<realm>:
    label: <label>
    baseurl: <baseurl>

<>で示した内容は以下。

項目説明
realmレルム名。config.d/realmの下にこのレルム名で詳細設定を格納する。
labelラベル名。WebUIでは、この名前が表示される。
baseurl認証局サーバのURL。メール通知のテンプレートで使われる。

テンプレート内では、meta_ というプリフィックスが付いた変数名として参照される。
ここにない項目を追加することもできる、同じくmeta_のプリフィックスがついた変数としてテンプレートで参照できる。

参考 OpenXPKI/Server/Notification/Handler.pm - on https://github.com/openxpki/openxpki/blob/v3.5.8/

複数のレルムを設定すると、デフォルトではログイン前の画面でログインするレルムを選択するセレクトボックスが表示される。

Path mode Realm

パスモードを使うと、URLのパスでレルムの選択が可能になる。
パスモードレルムの設定には、realm;auth のような指定ができるので、URLで利用者ごとの認証画面を表示させることができる。
利用者にauth stackやroleの選択画面を見せないことにより、利用者にとって分かりやすい画面表示することができるだろう。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
目次
ダブルクリックで閉じるTOP | 閉じる
GO TO TOP